がん臓器別の解説と検査方法 胃・大腸・肺・乳・子宮・前立腺がん 自宅キットで簡易検査

がん臓器別の解説と検査方法

がん臓器別の解説と検査方法

がんは発生した臓器によって検査方式や治療方法が異なりますが、どんな部位でも「早期に発見するほど生存率も治癒率も高い」という事は共通しています。
がん早期発見の有効性は、厚生労働省や医療機関での統計データでも確認されているため、国も定期的にがん検診を受けるようにと推奨しています。

 

看護師と患者

初期段階(ステージ)でのがんならばまだ小さいため、手術も簡単にできますし、治療にかかるお金や時間も少なくて済むのです。

 

ただひとつ知っておきたいのは、自分で初期症状を感じた時には進行してしまっているがんもあるということです。
特に胃がん・肺がん・子宮頚(けい)がんは、症状がいくつかある場合には進行リスクが高いと言われています。そのため胃がん・肺がんは40歳以上の人は1年に1回、子宮頚(けい)がんは20歳以上の女性は2年に1回検診を受けることが早期発見には大切です。

 

 

自営業・自由業や主婦などの場合健康診断は義務付けられておらず、何年も検診を受けたことのない人も多いのではないでしょうか。
また、がんの検査や人間ドックを医療機関ですることは1日がかりになってしまうため、忙しい人の場合は平日受診しづらいという現状があります。

 

そんな人におすすめなのが、「自宅でできる郵送がん検査キット」です。
病院やクリニックなどでも採用しているスクリーニング検査キットで、分析するのも登録された研究所が行っているため信頼性が高いと言えます。
当サイトで掲載している検査キットは、提携している医療機関の情報も見られますし、検査方法は簡単。結果が出るまでの日数も早く、安心して利用できます。
もちろんプライバシー保護も考慮されているため、誰にも知られずに短時間で検査できて便利です。

 

 

胃がん検査・検診とピロリ菌除去の料金について

 

肺がんの検査・検診と料金について

 

大腸がん検査・検診の料金について

 

膀胱がんの検査・検診内容と料金について

 

前立腺がんの検査・検診内容と料金について

 

子宮頸(けい)がんの検査・検診内容と料金について

 

乳がん検査・検診の内容と料金について

 

がんの早期発見ができるPET検査の方法と料金等について

 

 

がん臓器別の解説と検査方法記事一覧


ホーム