がんの保険と医療費 アドバイスと中立で無料なFPに相談を案内

がんの保険と医療費 みつばち保険ファーム相談案内

がんの保険と医療費について

日本では公的医療保険に入っていれば高額療養費制度がありますので、月の負担上限目安は9万円になります。
注意点は、一旦自分で自己負担分を払ってから、3ヶ月ほど後に給付されるのが基本の制度だということです。月数十万円~の請求を一時的に支払うこともあるということです。
治療費の捻出が難しい場合、加入先の自治体役所や健康保険協会・組合に必要書類を提出すると7割から全額の貸付を受けることができます。

 

また近年は、限度額適用認定証(もしくは委任払申請書)を事前に提出しておくことにより、自己負担限度額以上の請求がこないようにすることもできます。
いざ病気になった時だと気がまわらない場合もあるので、「医療費が減額される制度の書類提出」について家族間で話しておくことをおすすめします。

 

退院

 

ある程度貯金があればなんとかなりますが、病気になると仕事も中断になり収入が止まってしまうのが辛いです。
生活費や病気に伴う交通費の雑費などの出費もありますし、家や車のローンがある人は特に負担を感じるでしょう。
個室の差額ベッド代や先進医療など公的保険外診療が必要になる場合もあります。
抗がん剤が体質によって合わず、どうしても保険外のものを使うことになるケースもあります。

 

そこでやはりガン保険などの民間医療保険に入っておけば、診断一時金や入院手当てが出るのは心強いです。
単純な金額的な損得ではなく、手術・入院・闘病の辛い時期に「まとまったお金が入ってくる」ことで、心配が減って治療に専念できます。

 

ただ、保険は各社商品ごとの支払い条件が様々で、支払いを抑えつつイザという時に十分と貰えるものを選ぶのが難しいのが実情。
私の経験からのアドバイスも少し書きますが、人によって合ったものは違いますし、結局は中立的な立場のFPに相談するのが一番です。

 

がんに備える医療保険のポイント

 

診断一時金が出たほうがいい…最初にまとまって出ることで心の支えになります
入院日数による支払いなど規約で払われないケースを確認…中立なFPならちゃんと「この支払金はこういう場合に出ません」と教えてくれます
先進医療特約の検討を…特に新しい治療に活路を見出す場合が膨大な出費となります
ア○ラックはやめておいたほうがいい?…保険には入りやすいけど、細かい規約があったりして未払い苦情が多い?

 

中立で無料な医療保険相談を

 

今は中立的な立場のファイナンシャルプランナーが、無料で比較・相談をしてくれるサービスを利用できます。。
昔のように一社の保険外交員からしつこい営業を聞かなくても、比較しつつ詳細がわかる便利な時代になりました。

 

特に口コミ評判が良い「みつばち保険ファーム」はお勧めです。
壇蜜ばちの「ほったらかしてませんか?」というCMでも有名ですね。
ショッピングモールなど全国170ヶ所以上にある店舗で無料相談をしてくれます。
最初に「しつこい営業は一切したいません」と約束してくれる安心な方針です。ガンだけでなく総合的に保険を見直しをしてもらえます。
担当者交代あり、キッズスペースあり、保険金をもらう時の手伝いも可能など、利用者目線のサービスを提供する姿勢が感じられました。


TOP