子宮頸(けい)がんの原因・初期症状と、検査・検診詳細や予防ワクチンの料金、自宅で出来る子宮頸がん検査キットについて

子宮頸(けい)がんの検査・検診内容と料金について

子宮頸がんの検査・検診内容(細胞診・HPV検査)と料金について

子宮頚がんになる主な原因

子宮頸(けい)がんは、セックス経験のある全ての女性がかかる可能性のある性病の一種で、日本での年間患者数は1万人以上・死亡者は約3500人のポピュラーな病気です。
他のガンよりも若い世代での発症率が高く、20代から40代に患者が多いのが特徴的です。

 

子宮頸がんリスクを高める行動

  • セッフスフレンドが何人もいるなど、不特定多数との性行為をしている
  • 喫煙している

 

子宮頸(けい)がんは子宮の入り口にできるガンで、性交渉によりHPV(ヒトパピローマウイルス)に長期間感染することで発症のリスクが高まります。
HPV(ヒトパピローマウイルス)は女性の約80%が一生のうちに感染すると言われ、普通は免疫により2年以内に体外排出されます。しかし、数年~数十年にわたって何度もHPVに連続感染することで、異形成(いけいせい)という状態からガン細胞に変異することが確認されています。

 

子宮頚がんの主な初期症状

子宮頚(けい)がんは、初期にはまったく症状が出ません。
そのため厚生労働省は、20才以上の全ての女性に2年に1度の検診を推奨しています。

腹痛の女性

  • 生理ではない時期に不正出血がある
  • 月経の量が多くなった

  • 月経の期間が長くなった
  • 性行為の時に出血する
  • おりものの量が多い
  • おりものの色が茶色・黒っぽい
  • 下腹部や腰が痛い

 

症状がある場合は、定期検診を待たずにすぐに産婦人科で検査をしましょう。
子宮頸がんの予防ワクチン接種をしていてもすべてのHPV感染を防げるわけではないため、定期検診は必要です。

 

ごく初期の段階(ステージ0・ⅠA1期)での発見では、子宮頸のごく一部を切除するだけで済むため、手術後に妊娠や出産もできます。
しかしそれ以降では、発見が遅くなるにつれて切除範囲が広がります。子宮の全摘出・卵巣と卵管までの広汎子宮全摘が必要となり、さらに後期では放射線治療や化学療法(抗がん剤)が行われます。

子宮頸がん検診の内容と料金

国の定める検診では細胞診が採用されていて、ほとんど痛みもなく麻酔なども必要ない検査です。
妊娠中にがんがみつかると出産をあきらめなければいけない場合があるので、その前にメディカルチェックすることをおすすめします。

 

子宮頸がん検診の内容

 

細胞診…大きめの綿棒とブラシで子宮頸部を軽くこすり、細胞を採取してガン細胞の有無を調べます
HPVウイルス検査…細胞診と採取方法は同じで、ウイルス感染しているかを調べます

 

細胞診のみでの異形成(がんの前病体)を発見できる確率は約70%です。
HPV検査でのがんと前病体の発見率は約95%で、細胞診と両方をあわせるとほぼ100%みつけることができます。

 

子宮頸がん検査と予防ワクチンの料金

 

  • 細胞診…3000円~5000円
  • HPV検査…6000円~8000円
  • 予防ワクチン…1回12000円~16000円目安(3回接種が必要)

 

細胞診での検査結果が「陽性」の場合、HPV検査に健康保険が適用されることがあります。
市町村などの自治体では、子宮頸がん検診に補助金を出していて、時期によっては安く受けられたり無料のケースも。
産婦人科のある医療施設で受けられるほか、人間ドックのオプションになっていることもあります。
予防ワクチンは重篤な副作用が多数報告されていることから、厚生労働省は「リスクがあることを理解した上での接種」を呼びかけています。

 

ネットで探す在宅簡易子宮頸がん検査キット

 

自宅でできる子宮頸がん検査キットは健康バスケットで取り扱っています
女性に多いがんの自宅検査セットもあります。
健康バスケットは約30年の歴史の郵送検診会社で、健康保険組合などでも採用されています。
検査結果や体の不安について看護師に電話相談できます。

 


ホーム